スマホサイトを表示
  • 鹿児島 日高病院 | 医療法人仁風会 日高病院

日高病院TOP > 医療体制

医療体制


当病院では、老人医療をはじめ、スポーツ障害や交通障害、また難病といわれる慢性疾患等に対して、正確な診断、的確な治療、予防のアドバイスからリハビリにいたるまで、ハイクオリティな医療システムを整えています。高木兼寛先生の"病気を診ずして、病人を診よ"という名言のもとに、医師同士の情報交換や患者とのコミュニケーション対応はもとより、しなやかな目と確かな技術で、医師と患者との信頼関係を深め、患者一人ひとりのあらゆるニーズに対応できる、人間中心の医療をめざしています。

医療機器紹介


磁気を利用して体内の情報が得られるワイドオープンMRI、骨粗鬆症の診断、予防、治療効果を年齢別に判定できる骨密度測定装置、さらにFCRX線画像診断システム。これらの高度な医療機器の導入による、迅速かつ正確な診断、的確な治療と予防、そして安全性のレベルアップで、人に優しい医療システムが可能になりました。手術室にはよりクリーンな医療対応として、天井からのエアー・シャワーを完備するなど、衛生管理には細心の注意をはらっています。


MRI

磁気を利用して体内の情報が得られるワイドオープンMRI。従来より圧迫感がなく、安心して検査を受けることができます。
※写真をクリックすると拡大します。


マルチスライスCTシステム

CTとは、X線を利用して人体の主に輪切り(横断像)の画像を得る検査です。撮影スピードが速く、被ばくを抑え、高精度かつ安心な検査を受けていただけます。
※写真をクリックすると拡大します。


骨密度測定装置

骨粗鬆症の診断、予防、治療効果を年齢別に判定できます。
※写真をクリックすると拡大します。


電子カルテ

健康診断などの予防医療から病気の治療まで継続した健康管理を行い、受診者の健康記録及び診療記録を生涯にわたり保管することができます。
※写真をクリックすると拡大します。


Pacs

レントゲンやCT、MRIで撮影した画像データを保管、管理するフィルムレス運用を導入。電子カルテと連動し、高精細モニタに画像を表示させ、スピーディーで確実な診断が可能です。
※写真をクリックすると拡大します。